さくら歯科医院

0187-54-2747

Caries虫歯について

虫歯

虫歯治療について

虫歯のこと、どれくらい知っていますか? 「歯磨きをしないと虫歯になる」 「甘いものを食べると虫歯になる」 「虫歯になると痛い」 などが一般的に知られていることでしょうか。 もちろん、上記のことは全て真実です。 しかし重要なことが抜けています。 それは、『虫歯は感染症である』ということです。

虫歯の原因

口の中には数兆匹もの細菌が存在しています。 その中に、虫歯菌(ミュータンス菌)が吐き出す酸により歯が溶かされます。 それが虫歯です。 歯は人体の他の部位のように再生はしません。 削ってしまうと二度と戻っては来ないのです。 虫歯になって削った部分は、人工物で埋めることしかできないのです 治し方を考えるのは末期の虫歯です!

     

虫歯菌の活動を活発にする4つの要因

         

①宿主

歯が弱いと簡単に酸で溶かされてしまいます。
また、唾液の力が弱い場合も虫歯菌の活動は活発になります。

         

②細菌

虫歯菌の数が多いと活動量が増えるため虫歯になりやすくなります。

         

③糖(食べ物)

虫歯菌の栄養源である糖がお口の中にたくさんあると虫歯菌は元気になります。

         

④時間

糖がお口の中に多く残っている環境が長い時間続くと、それだけ虫歯菌が活動する時間が伸びるため、どんどん虫歯ができてしまいます。

虫歯の5つの程度

C0:初期の虫歯。歯の表面が白くなったり、表層が溶かされた状態

C0の治療:治療の必要はありません。
適切な歯磨きと定期的なメンテナンスにより再石灰化が可能です。

C1:歯の表面のエナメル質が溶かされた状態

虫歯菌が排出した酸により歯の一番外側の組織である「エナメル質」が溶かされている状態です。
エナメル質には神経が通っていないため、痛みなどの症状が出ることはありません。
C1の治療:コンポジットレジン充填

C2:虫歯菌がエナメル質の層を超え、「象牙質」という歯の神経を包む層に達した状態

症状としては、冷たいものがしみる、甘いものがしみるなど、比較的軽度なものが出てきます。
神経に近づきすぎると、激痛となる場合もあります。
C2の治療法 ・コンポジットレジン充填
・メタルインレー修復
・セラミックインレー修復

C3:虫歯菌が象牙質を超え、「歯髄」と呼ばれる歯の神経にまで達した状態

「何もしなくても痛い」「冷たいものや温かいものが衝撃的にしみる」などの強い症状が出てきます。
この段階に達すると、治療法としては歯の神経を取り除くしかありません。
この状態を鋼の精神で乗り越え、痛みのピークを越すと症状は嘘のように消えます。神経が死んだ状態です。
一刻も早く歯の中からバイ菌を取り除かないと、歯の先の骨まで喰われていき、骨への影響が大きくなってしまった場合、最悪抜歯となることもあります。
また、神経が死んだ状態では歯がもろくなっているため、治療をして歯を保護しないと真っ二つに割れてしまいます。
その場合、問答無用で抜歯となりますのでご注意ください。
C3の治療法
・抜髄
・感染根管処置
・歯冠補綴

C4:虫歯菌が歯を食いつくした状態

残っているのは歯茎の中の根っこだけです。
C4の治療:抜歯

〒014-0372 秋田県仙北市角館町小館28−18

TEL:0187-54-2747

診療時間 月・火・木・金 午前 9:00〜12:00 午後 14:00〜18:30
水・土 午前 9:00〜12:00
休診日 日曜・祝祭日
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter