さくら歯科医院

0187-54-2747

Crown歯の被せ物について

歯の被せ物

歯の被せ物について

被せ物は、詰め物よりも大きく歯を削った場合に、ご自身の歯の上からスッポリと被せて歯を保護するもののことです。 被せ物があることで、虫歯などの治療で小さくなった歯を守るだけではなく、ものを噛んだ時にかかる他の歯への負担も軽減することができます。 ただし、被せ物をしても、その中にある天然の歯が再度虫歯になることもあります。その場合は、一度付けた被せ物を外してから治療をおこなっています。

歯の被せ物の種類

被せ物には、保険診療内で用意できる素材と自由診療で用意できる素材があります。保険診療でも、素材はいくつかご用意しているので、ご予算やどう言ったものが良いのかのご希望をお聞きしてから、提案させていただきます。 自由診療で用意できる素材は、保険診療で用意できる素材よりも強度が高く見た目の美しさも兼ねそろえたものがあります。また、金属アレルギーの方でもつけられるような素材もご用意していますので、体質を含めてご相談いただければ、いくつかの素材を提案し、その中から患者様に選んで頂くようにいたします。

歯の被せ物の治療方法

被せ物は、小さくなった患者様の歯の上から、すっぽりと被せるため、現在の患者様の残った歯の形を確かめ、周りの歯の高さや形状も把握する必要があります。 歯の形を把握した後で、被せ物の製作に入り、何度か実際に被せ物を装着していただき、かみ合わせなどのチェックを患者様に行ってもらいます。 いくつもの工程を踏まなければいけないため、どうしても何度か通院をして頂く必要がでてきますが、詰め物よりは外れにくいので長く使って頂けます。 被せ物の治療が終わった後でも、かみ合わせなどに違和感が出てきた場合には、歯科医院にご連絡ください。かみ合わせが悪いまま放置していますと、一番辺りの強い歯が弱くなってしまい、虫歯になる可能性ができてしまうので、我慢をして放置をしないことをおすすめします。

〒014-0372 秋田県仙北市角館町小館28−18

TEL:0187-54-2747

診療時間 月・火・木・金 午前 9:00〜12:00 午後 14:00〜18:30
水・土 午前 9:00〜12:00
休診日 日曜・祝祭日
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter