さくら歯科医院

0187-54-2747

Metalfree銀歯が気になる方

メタルフリー治療について

ホワイトニングについて

メタルフリー治療について 銀歯の見た目を気にされる方、健康意識の高い方、虫歯予防を本気で考える方などに「メタルフリー治療」という言葉が浸透してきています。
「メタルフリー」とはその名の通り、歯の治療の際に金属を使わないという意味です。
歯科で用いられている金属は金銀パラジウム合金といわれる材料で、非常に長い歴史のあるものです。
しかし近年、その金属修復に対する疑問点が多く取り沙汰されています。
それは「修復物の劣化」であったり「隙間からの細菌の侵入」であったり「見た目の悪さ」などが挙げられます。
さくら歯科医院では「患者様の人生が豊かなものになる歯科医療」という行動指針から、メタルフリー治療の推進に本気で取り組んでおります。

メタルフリー治療に用いられる材料

セラミック修復
セラミックはガラスなどが主成分の修復材料です。

セラミックの特徴

①歯と直接くっつくことができ、一体化する
従来の金属での虫歯治療では歯と一体化できなかったため、噛み合わせの負荷によって歯との間に隙間ができてしまいます。そこから虫歯菌が侵入し、新しい虫歯ができてしまいます。
②硬さが歯と同程度
セラミックの硬さは歯の硬さと同じ程度になるように調整されています。硬さに差があると、そこに力がかかった時に弱い方が負けて欠けたり折れたりしてしまいます。
③表面がツルツルで経年劣化しない
口の中というは人体の中で最も固い歯をも溶かしてしまうような強力な細菌(虫歯菌)などが存在する過酷な環境です。
その中に人工物を入れるということは本来非常にリスキーなことなのです。
下手な材料を入れると、その材料の表面が細菌の溜まり場になってしまいより口の中の環境を悪化させることになってしまいます。
ですので、歯科治療をする際にはこの細菌たちへの対策を取らなければいけません。
その対策は「細菌がつきにくくする」「細菌がついてもすぐに落とせる」ことが重要です。
そのために、修復物の表面は「ツルツル」で「劣化しない」ことが重要なのです。
ダイレクトボンディング
高強度樹脂材料による充填法です。
範囲が限定されるため適応となる症例を選びますが、セラミック修復よりも安価かつ短時間でセラミックと同等の治療が可能になります。

〒014-0372 秋田県仙北市角館町小館28−18

TEL:0187-54-2747

診療時間 月・火・木・金 午前 9:00〜12:00 午後 14:00〜18:30
水・土 午前 9:00〜12:00
休診日 日曜・祝祭日
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter