さくら歯科医院

0187-54-2747

Implantインプラントについて

インプラント

インプラントとは

インプラントとは、顎の骨の中に人工の歯根を埋め込み、それを土台として失った歯を取り戻す方法です。

インプラント治療の目的

①歯を部分的に失った方
歯を部分的に失った方はインプラントにより歯を取り戻すことができますが、最も重要かつ価値があるのは「残っている自分の歯にかかる負担が軽減できる」ということです。
従来の方法(ブリッジ、義歯)はどうしても自分の歯に負担を掛けてしまいます。従って長期的に見ると治したはずの部位がまた悪くなったり、最悪の場合欠損が拡大する可能性もあります。
インプラント治療では他の歯に余計な負担を掛けずに単独で欠損の回復が可能ですので、さらに歯を失ってしまうリスクを負うことなく健全な歯並びを得ることができます。

②義歯との併用 インプラントと義歯を併用すると、より安定した義歯を作ることができます。義歯の併用の仕方はいくつかあります。
(1)部分入れ歯の沈み込み防止
部分入れ歯の最も危険な点は「沈み込み」です。歯茎の上に乗るのが入れ歯ですので、どうしても入れ歯を入れて噛んだ時に歯茎の柔らかさの分だけ沈み込んでしまいます。そしてその揺れが大きくなりいずれその歯も抜けてしまいます。
インプラントを義歯の下に入れ、土台として使うことで義歯をインプラントで支えることができます。
(2)総入れ歯のアタッチメント
総入れ歯をお使いの方の最も多い悩みは「外れやすい」ということでしょう。インプラントで義歯の維持機構を作ることで、外れにくく痛みのない入れ歯を作ることができます。
歯をすべて失った方
従来であれば歯をすべて失った方への対応は「総入れ歯」しかありませんでした。しかし、インプラント技術の発展により、

インプラント治療の種類

部分的な歯の欠損
義歯のアタッチメント
歯をすべて失った方

〒014-0372 秋田県仙北市角館町小館28−18

TEL:0187-54-2747

診療時間 月・火・木・金 午前 9:00〜12:00 午後 14:00〜18:30
水・土 午前 9:00〜12:00
休診日 日曜・祝祭日
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter