さくら歯科医院

0187-54-2747

Pedodontics小児歯科について

小児歯科

小児歯科について

虫歯のこと、どれくらい知っていますか? 子どもは大人とは違い、歯科医院がどういうところなのかという理解ができていません。ただ何となく「怖い場所」「痛いことをする場所」という認識だけがある場合があります。 その感覚を少しでも紛らわせて、お子さんでも通いたくなるような検診をするのが小児歯科です。 医師や歯科衛生士も子どもの立場に立って話をしてくれるので、小さなお子さんでも怖がらずに治療を受けることができます。

小児歯科が必要な理由

口の中には数兆匹もの細菌が存在しています。 小児歯科が必要な理由としていくつかあります。 一つはお子さんが歯科医院を怖がらないようにすることです。大人になれば、歯科医院に通うようになりますが、子どもの頃に親切にされた思い出があれば、音になっても気軽に通えるようになります。 もう一つは、小さなお子さんをお持ちの保護者のためです。小さなお子さんがいると、どうしても自分の治療は後回しになってしまいがちです。ですが、小児歯科があれば、親子で治療を受けることができるので、虫歯も初期の段階から治療することが可能になります。

小児歯科で行うこと

小児歯科で行っているのは虫歯の治療と虫歯予防がほとんどです。 子どもの歯は、大人の歯に比べると柔らかい性質のため、虫歯の進行が速いという特徴があります。定期的に検診を受けて、虫歯を早期発見早期治療する必要があります。 虫歯予防では、歯科衛生士さんと一緒に正しいブラッシングを習うことができます。ブラッシングは一生行うものですので、正しい磨き方を子どものうちに身につけておいた方がいいでしょう。 ご希望があればフッ素塗布を行うこともできます。フッ素を歯につけることで歯を強くすることができ、虫歯になりにくい歯にすることができます。 またシーラントと呼ばれるものもあります。これは歯の複雑な形状をした溝に埋め込むことで、大幅に虫歯になるのを防ぐ効果があります。フッ素塗布と一緒に行うことをお勧めしています。

〒014-0372 秋田県仙北市角館町小館28−18

TEL:0187-54-2747

診療時間 月・火・木・金 午前 9:00〜12:00 午後 14:00〜18:30
水・土 午前 9:00〜12:00
休診日 日曜・祝祭日
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter