さくら歯科医院

0187-54-2747

Wisdomtooth親知らずについて

親知らず

親知らずとは

親知らずとは、前から8番目に生えてくる奥歯のことです。左右上下で最大4本の親知らずが生えてくる人もいます。 この歯は、子どもの時には生えてこず、20代前後に生えてくる歯のため、親が知らないうちに生えてくるということで「親知らず」という名前が定着しました。 一昔前は、親知らずが生えてきたら必ず抜くことが推奨されていましたが、現在は親知らずの状態によっては、必ずしも抜かなくてもいいということがわかっています。

親知らずが痛む原因

親知らずが生えていることに気付く要因の一つが痛みを伴っている場合です。 親知らずは他の歯と変わりはありませんが、一番奥のスペースに生えてくるため、正しい位置に生えるとは限らないのが問題です。斜めの状態で生えてきたり、奥歯とぶつかる形で生えてきたり、一部分しか出てこない状態で止まったり、完全に埋もれた状態で炎症を起こしたりします。 真っ直ぐに生えてこない場合、ブラッシングをしても磨き残しが出てしまい、それが原因で虫歯になることもあります。また、7番目の奥歯に負担をかけ、その結果、親知らずと7番目の奥歯の両方が虫歯になって痛み出すということもあるのです。

親知らずの治療方法

親知らずは、基本的に痛みがある場合のみ抜き取ってしまいます。 ただ、ちゃんと生えている状態で抜くのであれば、麻酔をし、歯をベンチで引っ張って取り除くということができますが、一部しか表面に出ていなかったり、完全に埋もれてしまったりしている場合は、歯ぐきを切ることになります。 口内にしっかりと麻酔注射をしてから、親知らずの付近にある歯茎を切開します。その後、顎の骨を削り、親知らずを分解してから歯を取り除き、歯ぐきを縫って元の状態に戻します。 また親知らずの抜歯の後は、どうしても痛みが伴います。術後の麻酔が切れた当日がピークとなるため、抜歯後は家で安静にすることをお伝えしています。 どうしても痛みが引かず辛い時は、歯科医院に電話をして下さい。

〒014-0372 秋田県仙北市角館町小館28−18

TEL:0187-54-2747

診療時間 月・火・木・金 午前 9:00〜12:00 午後 14:00〜18:30
水・土 午前 9:00〜12:00
休診日 日曜・祝祭日
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter